心に親が宿るまで

しりたい!

だれにでもストレスってあると思います。

強いストレスにも、打ち勝つ力ってどうやって養われるか知ってますか?

それは、幼少期の親との「愛着」です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、自分ではどうすることもできません。

しかし、大人が「不快」を「快」にしてあげることによって、

人に対しての、信頼関係や安心感を学んでいきます。

これが「愛着」です。

少し大きくなってきてからも、怖いとき、不安なときなどに一番身近な大人、

「親」が子に対して「怖かったね。」「だいじょうぶだよ。」「あなたが大好き。」と

安心感を与えられれば、また元気をとりもどしてやっていこうと、がんばります。

不安になっても不快でも「快」にしてくれる。そして自分を愛してくれる大人がいる・・・。

何度も繰り返しながら子どもはそうして、信頼関係を築きます。

体が大きくなってきてから、前よりべたべたしなくなる子も多いでしょう。

でも今度は、幼少期に愛着を築いてきたことで、心に親が宿ります。

何かつらいことがあっても、愛着によって自分が愛された感覚があれば、

強いストレスを受けたとしても打ち勝つ力「レジリエンス」がつきます。

心に宿る親がいつでも守ってくれるという安心感があり、強く逞しい子へ成長するのです。

子によって、べたべたからすぐに離れるとは限りません。

思春期になっても、べたべたする子もいるでしょう。

子が求めてきたときは、応えて良いのです。

Tsubasa。

69 views

メンタルトレーナー&臨床発達心理士の「Tsubasa。」です。 お子さんの発達や子育てに関すること、特性のあるお子さんとの関わりなどのお悩み相談をしています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧